便潜血検査

便潜血陽性の方へ

便潜血陽性の方へ便潜血検査は、肉眼ではわからないほど微量の血液が便に含まれているかどうかを調べる検査です。渡された検査キットのスティックで便を採取するだけの簡単で負担の少ない検査です。キットに書かれた方法の通りに行うことで必要な量の便を採取できます。
健康診断などでは、大腸がん検診として行われています。大腸がんは早期に発見できれば内視鏡による治療などの負担が少ない治療で完治が望めますが、進行させてしまうと命に危険が及ぶこともある疾患です。便潜血検査で陽性になった場合は「大腸がんの可能性がある」状態が考えられますから、できるだけ早く消化器内科を受診して大腸カメラ検査を受けてください。確かに、便潜血検査陽性でも良性疾患である痔などによる出血であるケースは少なくありません。ただし、大腸がんであった場合、早期の段階で負担の少ない治療を受けられるチャンスを逃してしまうことになります。進行して自覚症状が現れる段階になってしまうと、肉体的負担の大きな手術や治療が必要になってしまいますし、命に危険が及ぶ可能性もあります。見た目でわからない程度だから大丈夫と油断せずに、できるだけ早く受診しましょう。

便潜血陽性結果と大腸がん・ポリープ

便潜血検査が陽性の場合は消化管のどこかに出血が起こっているということであり、大腸がんや進行して悪化する可能性がある前がん病変の大腸ポリープの可能性があります。また潰瘍性大腸炎などの腸の炎症を起こす疾患などでも陽性に出る場合があります。
基本的に便潜血検査は2回便を採取する2回法が行われています。大腸がんがある大腸粘膜は出血しやすいのですが、硬い便が擦れた際に出血するためいつも出血しているわけではありません。2回採取することで検査精度を上げるのが2回法です。
検査キットのケースに入ったスティックで便を採取するだけですから、お身体への負担はありません。採取した便に微量でも血液が混じっていたら便潜血検査陽性になります。 採取した便に血液が混じっていたら、精密検査として大腸全域をくまなく観察するために大腸カメラ検査を行って確定診断し、原因に合わせた治療を行います。

便潜血検査では、一部ががん化している大腸ポリープ、まだがんになってない大腸ポリープの発見にも有効です。大腸ポリープは大腸カメラ検査中に切除できることが多いため、まずは精密検査を受けることが将来の大腸がん予防にもつながります。このためにも便潜血検査陽性で大腸カメラ検査を受けることは将来の健康維持にとって大きな意味があります。ただし、ポリープや大腸がんはサイズがある程度大きくないと出血しない可能性も高いので、便潜血が陰性になってしまう場合もあります。このようなことから、40歳を過ぎたら、定期的な(3~5年に1回くらい)内視鏡検査も受けるようにしましょう。

便潜血検査と大腸カメラ

便潜血検査の陽性確率は調査によってかなり異なりますが、一般的には2~10%程度とされています。そして陽性の結果が出た方が大腸カメラ検査を受けた場合、約40%は異常なし、50%に大腸ポリープが発見され、6%に早期大腸がん、4%に進行大腸がんが見つかっています。大腸ポリープの多くは、将来大腸がんになる可能性がある腺腫ですから、便潜血陽性の約6割が大腸カメラ検査で早急な治療が必要な病気が発見されているということになります。なお、大腸カメラ検査中に発見された大腸ポリープは、その場で切除することが可能ですし、それによって検査・治療・予防が1度ですんでしまいます。

大腸がんの早期発見・予防のために

出血した場所と原因疾患を特定することが重要です。硬い便が出る時に肛門が切れてしまうことがありますが、大腸粘膜に隆起した大腸がんや大腸ポリープも硬い便の通過で擦られて出血することがあります。便潜血検査は微量の血液を発見するものですから、陽性でも見た目に変化がないからと軽く考えて精密検査を受けない方も少なくありません。大腸がんの早期発見や予防のために、便潜血検査の結果を役立てましょう。

便潜血検査で陽性となった方は医療機関を受診しましょう

日本では大腸がんによる死亡者数が増加傾向にあって、がんによる死因としても長年上位を占めています。ただし大腸がんは早期発見によって日常に影響させずに完治可能ですし、予防もできる疾患です。実際に内視鏡による腺腫の検出率が1%上昇すると、大腸がん発生率が3%、死亡率が5%低下したと報告されています。大腸カメラ検査を受ける方が増えれば、大腸がんによって亡くなる方や負担の大きな治療を必要とする方を減らすことにつながります。便潜血検査陽性は、早期発見できる重要なチャンスであり、ご自身のお身体からの重要なサインです。健康診断などで陽性を指摘されたら、できるだけ早く消化器内科を受診してください。

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約 オンライン診療をご希望の方へオンライン診療をご希望の方へ