胸やけ

注意が必要な胸やけ症状

緊急性が高くない胸やけ
  • 一次的に起こる胸やけ
病院にいくべき胸やけ
  • 胸やけに伴ってげっぷが出る
  • 胸やけに伴って胸全体が激しく痛む
  • 夜中に起きるほどつらい胸やけ

このような胸やけの症状がある場合は、逆流性食道炎などの消化器疾患の可能性が高く、消化器内科での検査や適切な治療が必要です。気になる胸やけ症状がある場合は、早めに当院までご相談ください。

胸やけが発生する原因

胸やけが起こる原因には、逆流性食道炎など消化器疾患の症状であることがあります。胃酸が胃から食道に逆流して炎症を起こすことで、胸周辺の激しい胸やけと痛みが伴います。この場合、逆流性食道炎を根本から治さないと、胸やけ症状が改善しません。特に、食生活が大きく影響するため、以下の点に注意して生活改善してください。

  • 就寝する2時間前に食事を済ませる
  • 過食しない
  • 消化の悪い食事に気を付ける

また、胃がんの症状として胸やけが現れることが稀にあるため、注意が必要です。

胸やけの診断方法

①胃カメラ

胸やけの原因のほとんどが、逆流性食道炎や胃食道逆流症と考えられます。そのため、胃カメラ検査が最適とされています。
胃カメラ検査では、鎮静剤を用いるため痛みや苦痛がほとんどありません。検査の途中に異常が見つかった場合は、その場で病理検査に出せます。

②薬物療法

制酸剤による治療で胃酸を抑えていきます。
ただし、根本的な原因を特定するために胃カメラ検査が必要です。

胸やけを放置する危険性

胸やけを引き起こす逆流性食道炎を放置すると、食道がんや胃がんの発症リスクに繋がります。逆流性食道炎は、初期の段階で適切な治療を行うことで、症状悪化を防げます。このため、胸やけが気になる場合は、なるべく早めに消化器内科を受診しましょう。

胸やけの場合は消化器内科へ

胸やけの症状がある方は、お気軽に当院の消化器内科を受診してください。胸やけ症状には、胃カメラ検査を推奨しております。特に、胸やけ症状を根本から治療したい方は、当院までご相談ください。
当院では、微細な異常などの診察から専門性の高い内視鏡検査まで実施しております。なお、待ち時間にも配慮した24時間ネット予約も行っております。

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約