胃もたれ

注意が必要な胃もたれ症状

緊急性が高くない胃もたれ
  • 食べ過ぎ・飲み過ぎなどが原因で起きた胃もたれ
病院で診察が必要な胃もたれ
  • 胃もたれに伴って同時に咳が出る
  • 胃を休ませても胃もたれが継続する
  • 暴飲暴食していないのに、胃が重くもたれて食欲が出ない

胃もたれが発生する原因

主に、食べ過ぎ・飲み過ぎが原因で胃腸が正常に機能せず、胃が重くなったり、気持ち悪くなったりします。また、何らかの疾患が原因の場合があるため、注意が必要です。

胃もたれを伴う消化器疾患

逆流性食道炎

胃から胃酸が逆流することで食道に炎症が起こる状態です。胃もたれ・げっぷ・胸やけ・喉の違和感などの症状が現れます。食の欧米化や高齢化・ピロリ菌感染率の低下などが原因とされています。

食道裂孔ヘルニア

腹部の臓器が横隔膜を超えて胸郭外側へ飛び出した状態をヘルニアと言います。食道裂孔に起きたヘルニアを食道裂孔ヘルニアと言います。食道と胃の下部食道括約筋が低下して締まりが悪くなって緩むことで、胃もたれのほか、げっぷや胃酸・胃の内容物の逆流を引き起こします。

食道アカラシア

食道の蠕動運動機能に障害が起き、食道から胃へ流れる食べ物が溜まってしまう状態が食道アカラシアです。胃もたれのほか、胸焼け・咳き込み・飲み込みづらさなどの症状が現れます。

胃・十二指腸潰瘍

自ら分泌した胃液によって、胃や十二指腸粘膜に消化されることで、胃や十二指腸粘膜表面がただれて潰瘍が出来てしまった状態です。病状が進行すると、痛みや過酸などの症状が現れます。そのほか、吐き気や嘔吐・胃もたれが伴うことがあります。さらに、吐血や下血などの出血が見られた場合は穿孔などの合併症を起こす恐れがあり、緊急性が高い状態とされます。

胃炎

過度なストレスが胃腸に加わって炎症を起こす状態が胃炎です。特に、空腹時に胃痛が伴うことがあります。胃炎が長引く場合は、注意が必要です。

胃がん

胃もたれの原因が胃がんの場合は、早急な入院加療が必要です。胃がんの有無を検査するために、内視鏡検査が必要となります。

機能性ディスペプシア

胃カメラ検査や採血検査を行っても消化器粘膜などに異常が見られないにも関わらず、胃や食道・十二指腸などに症状が現れ、食後の胃もたれや胃痛・膨満感や張り・吐き気などが見られます。以前は、胃弱や神経性胃腸炎と呼ばれ、胃酸分泌過多など胃機能の障害・食道や胃粘膜など内臓の知覚過敏・過度のストレスなどが原因とされています。

胃もたれの方への診断方法

胃カメラ

胃がんが原因で胃もたれの症状が現れることがあるため、暴飲暴食以外の場合でも胃カメラ検査が必要です。
胃カメラ検査では、鎮静剤を使用するので痛みや苦痛はほとんどありません。

薬物療法

胃もたれの原因は幅広く、それぞれの原因や胃カメラ検査の結果に合わせて薬剤を処方しております。

胃もたれの場合は消化器内科へ

胃もたれの症状がある方は、お気軽に当院の消化器内科を受診してください。胃がんは自覚症状が乏しく、軽度の胃もたれでも症状が続いている場合は、胃カメラ検査を受けることをお勧めしております。当院では、幅広い消化器症状の診察を行っております。治療領域も幅広く、微細な異常などの診察から専門性の高い内視鏡検査まで実施しております。なお、待ち時間にも配慮した24時間ネット予約も行っております。

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約