機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシアとは

機能性ディスペプシアとは胃に炎症や潰瘍、がんなどの病変が確認できない状態で、慢性的な胃痛・胃もたれ・膨満感といった症状が続く状態が「機能性ディスペプシア(functional dyspepsia, FD) 」です。以前はストレス性胃炎と診断されていることが多かったのですが、最近になって機能性ディスペプシアという病気の概念ができて、症状に合わせた適切な治療が受けられるようになってきています。
もともと、逆流性食道炎や胃炎などの症状がある方で病変が見つからないケースは珍しくなく、逆に炎症などの病変があっても自覚症状がないケースもよくありました。病変がない場合でも機能的な問題があれば症状が続いてしまうことはありますし、つらい症状でお悩みの方もたくさんいらっしゃいます。当院では、これまであまり適切な治療を受けることができなかった機能性ディスペプシアの方が、少しでも早く快適な生活を取り戻せるよう、消化器内科で専門的な治療を行っています。お気軽にご相談ください。

主な症状
  • 食後の胃もたれ
  • 腹部膨満感
  • 早期飽満感(少量の食事で満腹になる)
  • みぞおちや胃の痛み
  • 胸焼け
  • ゲップ
  • 吐き気

機能性ディスペプシアの原因

胃に本来備わっている運動機能に問題が起きて症状を起こしていると考えられています。胃には食べ物を貯留するために緊張を緩めて膨らみ(適応性弛緩)、胃の蠕動運動で適量ごとに十二指腸へ食べ物を送り出します(胃排出能)。様々な要因によってこうした胃の運動機能に異常が生じることが原因になって症状につながると考えられています。その要因になるのは、過食や高脂肪食、不規則な生活、飲酒や喫煙、過労や睡眠不足、精神的なストレスなどが指摘されています。また胃の知覚過敏が起こり、過食により胃の強い膨満感を感じたり、刺激の強いもの(唐辛子の成分であるカプサイシンなど)を摂取することにより、心窩部の灼けるような痛み(灼熱痛)を感じたりすることがあります。胃酸過多・ピロリ菌感染なども知覚過敏や運動障害を悪化させる要因だと考えられています。
適応性弛緩の異常では少量食べただけで満腹になってしまうという症状(早期飽満感)が出やすいとされています。胃排出能の異常では胃もたれ、知覚過敏で胃やみぞおちの痛み、胸焼けなどを起こしやすくなります。

機能性ディスペプシアの診断

似たような症状を起こす消化器疾患は数多く存在するため、機能性ディスペプシアが疑われる患者さんには、どのような症状が、どのくらいの頻度でどのくらいの期間続いているのか、症状はどのような時によく起こるのかを丁寧に聞いていきます。過労や睡眠不足、精神的なストレスがないかなども聴取します。しかし、問診だけで診断を確定することは困難な場合も多く、がん、炎症、潰瘍、ピロリ菌感染などの症状を起こす原因となる病変の有無を調べるために必要な検査が、胃カメラ検査です。

その他、必要に応じて血液検査や腹部超音波検査(エコー検査)、CT検査なども行うことがあります。

機能性ディスペプシアの治療

機能性ディスペプシアの治療は症状改善と再発防止のための生活習慣改善の指導、つらい症状を解消させる薬物療法を中心に行われます。

生活指導

食べ過ぎや飲み過ぎ、高脂肪食、刺激の強い香辛料の過剰摂取、アルコール摂取や喫煙など、症状に影響する生活習慣を改善します。また、規則正しい生活を心がけ、睡眠や休息をたっぷりとって、ストレスを上手に解消するよう心がけましょう。無理することはありませんので、できることからはじめましょう。

薬物療法

ピロリ菌に感染している場合には、ピロリ菌に起因する胃の運動機能異常の可能性が考えられるので、除菌治療をおすすめしています。除菌に成功することで症状改善が期待できます。
また、胃酸分泌抑制剤の内服で効果が見込めるケースも多くなっています。H2ブロッカー(ファモチジン)、プロトンポンプ阻害薬(ネキシウム・タケキャブなど)から症状に合わせて処方しています。

また、漢方薬や抗うつ薬・抗不安薬などの処方が有効な場合もあります。
当院では、患者様の症状やお悩みをくわしくうかがった上で処方についてご相談しています。ご要望がありましたら、なんでもお気軽にお尋ねください。

機能性ディスペプシアの症状は他の重大な疾患でも現れることがありますので、がんなどの可能性がないかをしっかり調べてもらうことが重要です。胃カメラ検査などを受けた上で機能性ディスペプシアと診断されたら、つらい症状を改善するための治療や生活習慣改善により、快適な生活をできるだけ早く取り戻しましょう。

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約 オンライン診療をご希望の方へオンライン診療をご希望の方へ