腹痛

注意が必要な腹痛症状

緊急性が高くない腹痛
  • 腹痛がさほど酷くない
  • 腹痛が短時間で収まる傾向にある
  • 繰り返し腹痛が起こることはない
病院で診察が必要な腹痛
  • 慢性的に腹痛が続いている
  • 腹痛に伴って、下痢や便秘・発熱などの症状が伴っている
  • 腹痛に伴って、下痢と便秘を繰り返す
  • 食事をする度に腹痛がある
すぐに病院にいくべき腹痛
  • 腹痛に伴って血便がある
  • 腹痛に伴って吐血した
  • お腹を刺すような腹痛
  • 歩くとお腹に響くような腹痛
  • 魚介類を食べた後、急に激しい腹痛が起こった
  • 痛みのある部分を押して、手を離した時に痛みが強くなる

以上のように、様々な腹痛があるためその腹痛の度合によって緊急性が高くなります。特に、腹痛に伴ってその他の症状がある場合や、特定された条件下で腹痛が起こる場合は、速やかに消化器内科を受診してください。

腹痛の原因

腹痛が発生する原因には、大きく2つに区別されます。1つは、炎症性腸疾患や大腸がんなどの器質的な原因のもの。もう1つは、便秘や下痢を繰り返す過敏性腸症候群などのような機能的な原因のものとなります。そのほか、感染性腸炎なども挙げられます。

腹痛を伴う消化器疾患

緊急性の高い腹痛を伴う消化器疾患

腸閉塞

何らかの原因で、小腸や大腸などの腸管が塞がれている状態を腸閉塞と言います。腸管が塞がれると、腸内で食べ物や消化液などの流れが滞り、腸が膨れてしまいます。そのため、腹痛やお腹の張り・便秘・おならが出ないなどの症状が現れます。消化器系では、緊急性が非常に高い疾患のひとつです。

急性虫垂炎

いわゆる盲腸のことを指します。盲腸に消化物や異物が溜まることで虫垂内が腫れて、終いには塞がってしまい激しい腹痛を生じます。虫垂が塞がると、腸内細菌が増殖・感染し、炎症となり虫垂炎を発症します。虫垂炎は、緊急手術が必要になることがあります。

急性胆嚢炎

胆嚢に炎症が起こる状態を急性胆嚢炎といいます。炎症によって、胆嚢が浮腫んで腫れてしまい、胆嚢壁が壊死してしまいます。胆石などが胆嚢管に発生することで詰まるのが原因とされています。病状が深刻な場合は、手術が必要になることがあります。

急性膵炎

膵液に含まれる消化酵素に、膵臓自体が消化されるため、炎症が起きた状態を急性膵炎と言います。主な症状は、腹痛・背中まで広がる痛みが現れます。特に、アルコールが最も影響するとされるため、急性膵炎を起こさないためにも普段からの注意が必要です。

S状結腸軸捻転など

大腸内のS状結腸が捻じれることで血流障害が起きた状態をS状結腸軸捻転と言います。場合によっては、手術治療が必要になることもあります。

胃がん・大腸がん

腹痛の原因が、胃がんや大腸がんなど消化器系のがんの場合は、早急な入院加療が必要です。胃がんや大腸がんの有無を調べるために、内視鏡検査が必要です。

緊急性の比較的高くない腹痛を伴う消化器疾患

急性胃炎

胃腸に急激なストレスが加わって、胃粘膜に炎症を引き起こした状態を急性胃炎と言います。急性胃粘膜障害などがこれに相当します。この場合、早急な検査と適切な治療が必要となります。

胃・十二指腸潰瘍

自ら分泌した胃液によって、胃や十二指腸粘膜に消化されることで、胃や十二指腸粘膜表面がただれて潰瘍が出来てしまった状態を胃・十二指腸潰瘍と言います。病状が進行すると、痛みや過酸などの症状が現れます。さらに、吐血や下血などの出血が見られた場合は穿孔などの合併症を起こす恐れがあり、緊急性が高い状態とされます。

急性腸炎

何らかの原因で、腸粘膜に炎症が起きている状態を急性腸炎と言います。原因は、感染性と非感染性とありますが、原因特定するためには大腸カメラ検査による精密検査が必要となります。

胆石症

肝臓で作られた胆汁が通る胆管、またその胆汁を溜めておく臓器である胆嚢に、結石ができた状態を胆石症と言います。胆嚢の出入口を胆石が塞ぐため、胆嚢発作といって突然激しい痛みに襲われることがあります。これが長く続くと急性胆嚢炎を引き起こしてしまいます。

尿路結石

尿の通り道である、尿管・膀胱・尿道・腎盂腎杯などに結石ができた状態が尿路結石です。主な症状は、多くの人が左右背部の激痛が現れます。一般的には、痛み止めによる内服治療を行い、自然排石するために水分を多く摂取して待ちます。

過敏性腸症候群

過度なストレスなどによって自律神経機能が乱れ、腸機能が低下することで引き起こります。主に、下痢や便秘などの症状が現れ、場合によっては激しい腹痛が伴います。

大腸憩室炎など

何らかの原因で、大腸内に憩室と呼ばれる袋状のものができ、細菌感染を起こすことで腹痛や発熱症状が現れる状態を、大腸憩室炎と言います。憩室には、便が溜まりやすいため細菌感染しやすく、また壁が非常に薄いため、炎症を起こして穿孔が生じることがあります。

腹痛の方への診断方法

胃カメラ検査

特に、上腹部に痛みがある場合には、胃カメラ検査をお勧めしております。
全ての年齢が対象となります。
検査時には、鎮静剤を用いるため、痛みや苦痛がありません。
経鼻もしくは経口をお選び頂き検査を行います。検査途中で異常が見つかった場合は、その場で病理検査に出せます。

大腸カメラ検査

特に、周期的な腹痛や、左右側腹部に鈍い腹痛がある場合には、大腸カメラ検査をお勧めしております。
検査途中で異常が見つかった場合は、その場で病理検査に出せます。さらに、ポリープなどがあった場合は、その場で切除処置できます。

レントゲン検査

激しい腹痛がある場合、腸閉塞などが原因となっていないかなどを調べます。
X線で腹部の影を観察します。お腹の中のガスの状態などを見ていきます。

エコー検査

腹痛の原因を特定するための検査として、最も侵襲がなく簡易に受けることができるのがエコー検査です。
超音波を当ててお腹の内部を観察します。空気があると明瞭に見えないため、腸管の検査には適しません。エコー検査は、腎臓・肝臓・膀胱・前立腺などの検査に向いています。

腹痛の場合は消化器内科へ

腹痛は、消化器系における分かりやすい危険サインです。短期間で治まらない腹痛は放置せずに、早めに消化器内科を受診してください。特に、胃がんや大腸がんなどの重篤な疾患の可能性があることがあるため、腹痛を放置することは危険です。当院の消化器内科は、腹痛症状をはじめとする幅広い消化器症状に対応しております。
治療領域も幅広く、微細な異常などの診察から専門性の高い内視鏡検査まで実施しております。待ち時間にも配慮した、24時間ネット予約も行っております。
気になる腹痛がある方は、当院の消化器内科を一度受診してみてください。些細なことでも、どうぞお気軽に当院までご相談ください。

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約