内視鏡診断支援機能「CADEYE™」導入

内視鏡診断支援機能「CADEYE™」導入

がんの中で最も罹患者の割合が高い大腸がんは、初期に発見することができれば内視鏡手術や外科手術で治療が可能なため、早期発見が重要となります。 大腸がんは、一般的に大腸カメラ検査で観察しますが、病変が平坦であったり微細なものは発見が難しいため見逃してしまう恐れがあります。 当院では、AIの技術を用いて病変やポリープの検出や腫瘍性か非腫瘍性かを鑑別するサポート機能を搭載した「CADEYE™ (キャドアイ)」を導入して、病変の発見率を高め見逃しのない内視鏡検査を行っております。

「CADEYE™」の特長について

病変検出支援機能

病変検出支援機能とは、内視鏡検査時にポリープなどの疑わしい病変を検出すると、対象となるエリアを検出ボックスで囲ってモニターに映し出します。さらに、検出音が鳴ることで検査を行う医師の検出をサポートいたします。
疑わしい病変が検出されると、内視鏡画像の画面の外枠が点灯するビジュアルアシストサークル機能で、検査中の医師に疑わしい病変を知らせます。

疾患鑑別支援機能

検出された大腸ポリープが、腫瘍性あるいは非腫瘍性かを検査中に推定して鑑別結果をリアルタイムで表示する機能を搭載しています。
腫瘍性と推定された場合は黄色、非腫瘍性であれば緑色で、モニター画面の外縁に映し出す視認性の高いデザイによって、医師の診断をサポートしています。
モニター画面の右下にある「ポジションマップ」で、鑑別した領域の位置を示します。

動画で閲覧が可能

「CADEYE™」のまとめ

当院では、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医が鎮静剤を用いて苦痛を抑えて楽に受けられる胃カメラ・大腸カメラ検査をおこなっています。 AI技術を搭載した「CADEYE™ (キャドアイ)」を導入して、精度の高い内視鏡検査を地域のみなさまに提供しております。

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約