便秘・下痢

便秘・下痢

便秘・下痢下痢や便秘は日常的にしばしば自覚することが多い症状の一つですが、がんなどの深刻な病気の症状として起こっている可能性もあります。また、特に心配のない原因で起こっている下痢や便秘でも、生活習慣や環境の変化などによって慢性化しやすい傾向があって、長期に及ぶとさまざまな疾患発症の原因になる場合もあります。さらに現在では、腸の働きや腸内細菌叢のバランスなどによって全身の状態が大きく左右されることもわかってきています。
当院では、詳細な問診や内視鏡検査などを行い、慢性的な便秘や下痢の原因を特定し、症状やライフスタイルに合わせたきめ細かい治療を行っていますので、お悩みがありましたらご相談ください。

慢性的な便秘・下痢

便秘や下痢といった便通異常を繰り返す場合、深刻な疾患が原因ではないかをしっかり確かめることが重要です。大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、クローン病といった消化管の疾患や、膵炎・膵臓がんは便通異常の症状を起こすことがあって、特に早期発見と適切な治療が重要な病気です。

過敏性腸症候群

急な腹痛と下痢、便秘と腹痛、便秘と下痢を繰り返す、強い膨満感があるといったタイプがあります。原因としてがんや炎症などの病変はありませんが、蠕動運動の乱れや知覚過敏など機能的な問題によって症状を起こしていると考えられています。当院では消化器内科として必要な検査を行い、適切な診断・治療が可能です。上記に示すような慢性的な便通異常がある場合には、過敏性腸症候群の疑いがありますのでお早めにご相談ください。

便秘・下痢の診断と治療

問診で症状の内容、発症のきっかけ、症状の経過、病歴や服用している薬などについて詳しくうかがいます。その後、大腸に異常がないかをまずしっかりと調べます。大腸粘膜の状態を直接観察できて、生検にて疑わしい部分の組織採取が可能な大腸カメラ検査は、多くの疾患の確定診断に役立ちます。当院では熟練した医師が最新機器を用いて詳細で負担の少ない検査を行っていますので、安心してご相談ください。

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約 オンライン診療をご希望の方へオンライン診療をご希望の方へ