医療情報

2020.07.19

大腸カメラってつらくない?

 こんにちは、まだまだジメジメしたうっとうしい天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

 今日は、当院でも予約が増えてきた大腸の内視鏡検査についてお話ししたいと思います。大腸カメラってつらくない?とちまたでよく耳にすることがあります。大腸カメラは肛門から内視鏡を盲腸まで挿入して、そこから引き抜きながら詳しく大腸全体の粘膜面の変化を観察する検査になります。胃カメラの場合には、胃の形に多少の個人差はあるものの、似たようなルートを十二指腸まで観察する検査ですが、大腸は腸の長さだけでなく、腸の屈曲の程度も人によって千差万別で、複雑に屈曲していたり手術等の癒着があったりすると、内視鏡の挿入がむずかしくなる場合があり、挿入時に苦痛を生ずる原因になります。

また、胃カメラの場合は絶食で来院すれば即日での検査も可能ですが、大腸カメラの場合は食事を抜いても大腸に便が残っているため、そのままでは詳しい検査はできません。このため、大腸検査前の前処置が必要となり、通常は前日に専用の検査食を食べてもらい(ご希望により検査食を食べなくても検査は可能です。食事内容はスタッフから事前に詳しく説明させていただきます。)、前々日と前日の就寝前に水薬の下剤を飲んで頂きます。そして検査当日に、大腸の中に残った便を出して腸の中をきれいにするために、腸管洗浄液という下剤を飲んでもらいますが、この量がかなりの量になるため前処置がつらいと言われる方も少なくありません。当院では何種類かのお薬を用意して、皆様に前処置の負担が少しでも軽くなるように配慮しながら、検査のご予定を立てております。また下剤の内服場所についても、院内の個室で飲んでいただくか、自宅で飲んでいただくか選択できますので、お気軽にご相談ください。

 当院ではなるべく検査時の苦痛が少なくなるように、鎮静剤を使用しての検査も行っております。「初めての内視鏡検査ですごく心配」、「以前に施行した検査がすごく苦しかった」などの理由で、大腸カメラを受けることを躊躇されている方はぜひ一度ご相談ください。検査中は眠ったような状態で、ウトウトしながらリラックスして検査を受けていただくことが可能です。検査後もベットの上に横になったままでリカバリースペースでお休みいただき、目が覚めたら検査結果を診察室で詳しく説明させていただきます。

 「最近便秘がひどくなった」、「時々便に血が混じる」、「お腹が張ったり、下腹部が痛くなる」、「血便や下痢がしばらく続いている」などの症状がある方や、健診・人間ドック等で便潜血が陽性であったり、貧血を指摘されたりした方は、大腸に重大な病気が潜んでいる可能性もありますので、ぜひ一度大腸カメラを受けていただくことをお勧めします。大腸カメラやお腹の症状などについて些細なことでもご質問やご相談がおありの時は、お気軽にお問い合わせください。

 まだまだ蒸し暑いジメジメしたお天気が続きますので、体調にはくれぐれもご自愛いただきますようにお願いいたします。最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約 オンライン診療をご希望の方へオンライン診療をご希望の方へ